前へ
次へ

男性の礼服と喪服ってどう違うのか

まず「礼服」は、冠婚葬祭などの際に敬意を表現する意味で着るもので、フォーマルウェアと呼ばれることも多いです。
礼服を着用した状態が「正装」「礼装」となり、着こなしの格式によって「正礼装」「準礼装」「略礼装」とあります。
「喪服」は、礼服のなかでも葬儀などに出席する際に着用するもので、一般的には黒または薄墨色のものが用いられます。
ただし昔は喪服の色が「白」とされていた時代があり、現在でも和装の際には喪主が白を着る場合もあります。
喪服には3つの格式があり「正」「準」「略」とに分かれています。
どんなシーンでどれを着るかは、遺族や親族であるかや故人との関係や親しさなどによって適切なものが決まっています。
例えば「遺族・親族」の場合は通夜にはブラックスーツなどの「準」、葬儀・告別式は「正」または「準」を着るのが原則です。
弔問客でしたら通夜・葬儀告別式ともに「準」か「略」を着用します。
ただし最近の傾向をみると、遺族や親族そして弔問客全てにおいて、通夜から葬儀・告別式までブラックスーツの準喪服で通す場合が多くなっているようです。

Page Top